2020年リリース予定

リーグ・オブ・レジェンド ワイルドリフト
Google Play で事前登録受付App Store からダウンロードする

Google Play で事前登録しましょう。App Store にも近日登場予定です。

サインアップしてオープンベータテスト情報を手に入れよう

//

あなたの保護者のメールアドレスを入力してください。

あなたが「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」の情報をもっと入手できるよう、保護者の方のアドレスにメールを送ります。

戻る

ワイルドリフトへ ようこそ

巧みな技術、優れた戦略、そして時には失敗も。リーグ・オブ・レジェンドにモバイル版とコンソール版が登場!

いつでも どこでもプレイ可能

連勝記録を伸ばすのに場所は問わない。PCの前にいない時でも、ワイルドリフトならすぐにプレイ可能!

新生 リフト

さらに展開が速くなったゲームプレイ、一新された操作方法。新しいプラットフォーム向けにデザインされた新しい5v5マップで、チームを組んで敵のネクサスを破壊せよ。

おなじみのチャンピオンたち

ラックスのレーザーで敵を吹き飛ばすか、完璧にあわせた風殺の壁でそれを防ぐか。リーグ・オブ・レジェンドのチャンピオンたちが、遊び方はそのままに、ゲームパッド&スマートフォン向けに調整されて登場。

「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」は約40種類のチャンピオンとともにリリース。チャンピオンは以後も続々追加予定です。

アニー

闇の申し子

フィズ

波間のトリックスター

ナミ

潮呼びの巫女

ナサス

砂漠の司書

ツイステッド・フェイト

不敗のイカサマ師

ずっと基本プレイ無料、課金は勝敗に関係なし

無料でダウンロード、課金なしですべてのチャンピオンが入手可能。課金要素はリフト内でのオシャレと運営に対する支援のみ。

ランクマッチに挑め - 君の腕前を試そう

ランクマッチでリフトを制覇し、フレンドと一緒にランクを登り詰めて特別な戦利品を手に入れよう。

PC版LoLプレイヤーへの特典

現在持っているライアットアカウントでサインアップして、PC版リーグ・オブ・レジェンドのプレイ時間に応じた報酬を手に入れよう。

いつから プレイできるの?

2020年末までにはモバイル版が全世界でプレイ可能になり、コンソール版はそれに続いてリリースされる予定です。

サインアップしてオープンベータテスト情報を手に入れよう

//

あなたの保護者のメールアドレスを入力してください。

あなたが「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」の情報をもっと入手できるよう、保護者の方のアドレスにメールを送ります。

戻る

FAQ

これから数ヶ月のうちに様々な新情報を公開していきますが、皆さんが特に気になるであろう事柄について、ここでいくつか回答しておきます。

  • リリースに関する詳細は2020年に公開予定です。上の入力欄にメールアドレスを入力して、新情報をお待ちください。

  • いいえ。リーグ・オブ・レジェンドに求められている「5対5のMOBA」というゲームプレイの根幹は保ちつつも、ワイルドリフトにはPC版と異なる点がいくつかあります。私たちはどのプラットフォームでプレイしてもゲーム体験が公平で楽しいものになるようにしたいと考えていますが、PC版リーグ・オブ・レジェンドとワイルドリフトのクロスプレイを導入してしまうと、競技としての公平性を損ねてしまうのです。

    主要なシーズンイベントについてはリーグ・オブ・レジェンドとワイルドリフトの両方で開催するつもりですし、モバイル版とコンソール版のクロスプレイについては検討予定ですが、現時点でははまだ何も確定していません。

  • キャラクターモデルを始め、アニメーション、ゲームシステム等々…平たく言うと、ゲームそのものを一から作り直しました。ただし、ゲームプレイの根幹となる部分はキープしています。ワイルドリフトを開発するにあたって、PC版のリーグ・オブ・レジェンドをそのまま移植することは初めから考えておらず、新しいプラットフォームにフィットするデザインにすると同時に、ゲーム自体にも様々な改良を加えると決めていました。

    ただし、一から作り直すという選択によって生じたデメリットもあります。具体的に言うと、一部のチャンピオンやスキンは使用できるプラットフォームが限定されてしまいます。PC版リーグ・オブ・レジェンドではこの10年間におよそ150体のチャンピオンと1000種類のスキンがリリースされていますが、これらをすべてワイルドリフトに移植することはしませんし、コレクションが共通となることもないでしょう。しかし、PC版リーグ・オブ・レジェンドに時間とお金を費やしてくれた皆さんには、それに応じた報酬を提供することをお約束します。これについてはローンチが近づいた時にまた改めて!

  • まだ完全には確定していませんが、できるだけ多くの機種でプレイできるようにしたいと考えています。現段階で想定しているスペックは以下の通りです。

    iOSデバイスではiPhone 5S以降の機種でワイルドリフトをプレイできるようにする予定です。

    Androidデバイスについては、Samsung Galaxy A7(1GB RAM、Qualcomm Snapdragon 410プロセッサ、Adreno 306 GPU)と同等のスペックを持つ機種への対応を考えています。